ロックな話題からブルースなネタまで
プロフィール

smoyuri

Author:smoyuri
「Life is blues」
ようこそsmoyuriの世界へ


ロックな事からブルースなネタまで
何でもアリです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



デレク・トラックス

...2006/10/20 12:35...

クラプトンの来日までもう少しですね。。。

そのクラプトンのバンドで来日と言うニュースで
遅ればせながら初めてデレク・トラックスの存在を知り、
最近はデレクのソロである彼のバンドと現在在籍するオールマンの
音源を集めれるだけ集めて少しづつ聴いてます。



で、昨晩はコレを聴きながら晩酌~♪

The Derek Trucks Band、『Soul Serenade』

derek20061023.jpg



ようつべの映像などで見てはいましたが、このアルバムを
初めて聴いた時は正直、肩透かしを食らった感じでした。

オールマンのデュアンのようなスライドを期待していたのですが
ロックと言うより、ジャズ、フュージョン系のサウンドだったので
肩透かしと言うよりはたき込みって感じですかね。。。

まぁ嫌いなサウンドじゃないので個人的には全然OKですし
お酒のアテにはちょうどいい感じです。

でもオールマンのようなサザン・ロックを期待している人はダメでしょうね。


しかしデレクのギターは凄すぎ。
一言で言うと

「スライドでジェフ・ベックを弾いている」

よーな感じ。
ベックのような音をスライドで表現するって事自体
凡人には全く無理な話なんですが、デレクの場合
それにプラスしてオリジナルな音も持ち合わせてるので
ホンマ末恐ろしいギタリストです。


現在参加しているクラプトンのライブ音源を聴くと
デレクはかなり控えめに弾いてますね。。。
前面に出て弾きまくったらクラプトンは完全に喰われるやろうなぁ・・・。



~♪~
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://smoyuri.blog53.fc2.com/tb.php/331-0a804935
CALENDER
03 ⇔ 2019/04 ⇔ 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する

無料カウンター