ロックな話題からブルースなネタまで
プロフィール

smoyuri

Author:smoyuri
「Life is blues」
ようこそsmoyuriの世界へ


ロックな事からブルースなネタまで
何でもアリです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



今日の通勤音源

...2006/11/01 08:04...

Ron Wood Band、『Live at Kilburn 1974』

1.intro
2.Am I Grooving You
3.Cancel Everything
4.Mystifies Me
5.Take A Look At The Guy
6.Act Together
7.Shirley
8.Forever ( "Remember Me")
9.Sure The One You Need
10.I Can't Stand The Rain
11.Crotch Music
12.I Can Feel The Fire

ron.jpg


1974年6月13日、イギリス・キルバーンでのライブ音源。


早いもんで今日から11月ですね。
今年も残りあと2ヶ月!
頑張っていきましょー♪

と言う事で今日は今から30年以上前の
ロン・ウッド・バンドの貴重なライブ音源を。

このライブはブートDVDで映像も観る事が出来ます。


まずバンドのメンバーですが

Keith Richards (Gt Vo)
Ron Wood (Gt Vo)
Ian McLagan (Key)
Willie Weeks (Ba)
Andy Newmark (Dr)
Rod Stewart (Vo)


と言う超豪華なメンツになってます。

キースやイアンは分りますけどベースにウイリーって
ちょっと意外でした。。。
でもここでも凄いベースを聴かせてくれてます。
そしてドラムは当時Sly&theFamily Stoneに
参加していたアンディ・ニューマーク~!
まさに夢のようなリズム隊です。

1974年と言うとロンはまだフェイセス在籍中で
翌年にストーンズのアメリカ・ツアーのサポート・ギタリスト
として発表されて1976年に正式加入します。

ライブはロンのソロ・アルバムからの曲が中心で
フェイセスとストーンズを足したような少しけだるい感じと
ロンのしがれたダミ声が何とも言えない雰囲気を
醸し出していてなかなかいい感じです。

ストーンズに加入後、どんどん酒に溺れて
堕落していくロンは正直好きになれないんですけど、
フェイセスやソロ時代のロンは別モンです。

ファイセスの「OOH-LA-LA」なんて今でも大好きな曲だし。
今よりもはるかにギターもかっちょエエし。


どの曲もロンの人柄がにじみ出ていて
聴いていてホッとさせてくれる感じです。
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://smoyuri.blog53.fc2.com/tb.php/346-a8742736
CALENDER
03 ⇔ 2019/04 ⇔ 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する

無料カウンター