ロックな話題からブルースなネタまで
プロフィール

smoyuri

Author:smoyuri
「Life is blues」
ようこそsmoyuriの世界へ


ロックな事からブルースなネタまで
何でもアリです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



今日の通勤音源

...2006/12/11 08:03...

Nirvana、『Had it All』

1.Jesus Don't Want Me For A Sunbeam
2.Aneurysm
3.Drain You
4.School
5.fFoyd The Barber
6.Smells Like Teen Spirit
7.About a Girl
8.Polly
9.Breed
10.Aliver
11.Love Buzz
12.Lithium
13.Been a Son
14.On a Plain
15.Negative Creep
16.Blew
17.Rape Me
18.Territorial Pissings

Nirvana00-front.jpg


1991年10月1日、ハリウッドでのライブ音源。


ニルヴァーナを知ったのはこのライブが行われた
1991年発表の『Nevermind』を紹介していた
某音楽雑誌を見た時が初めてでした。

サウスポーのカート・コバーンがムスタングを弾いている姿が
めっちゃカッコよかったのを覚えています。
ムスタングが似合うギタリストって今までCharさんしか
見た事なかったので音を聴く前に視覚的なインパクトは
かなりなものがありました。

その後実際に音を聴いてみて更にブッ飛び。
ムスタングで何でこんな音出せるのって。
3ピース・バンドには全然聴こえないブ厚い音です。


このライブ音源は『Nevermind』発表後の全米ツアーからの
ものですが、アルバム・テイク以上の音を聴かせてくれてます。
サウンドボード録音で音もいいし、ライブの臨場感たっぷり。
久々に鳥肌が立つライブ音源を聴きました。


カート・コバーンの壮絶な最期も記憶に新しいですが
彼がまだ何もなく生きていたら今の音楽シーンも
少しは違ったものになっていたかも知れませんね。
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://smoyuri.blog53.fc2.com/tb.php/393-259d6f66
CALENDER
12 ⇔ 2019/01 ⇔ 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する

無料カウンター